ゴールドカードを選ぶ基準

ゴールドカードを選ぶ基準

一般のクレジットカードと比べてさまざまな特典も用意されているゴールドカードですが、どのような基準でゴールドカードを選ぶと良いのでしょうか。

たくさんの特典があり優待制度も利用できるゴールドカードですが、その分一般のクラシックカードと比べると年会費が高いのが特徴です。

クラシックカードの年会費が1000円から3000円程度であるのに対し、ほとんどのゴールドカードは1万円から3万円程度の年会費が必要となってしまいます。

そのため、クレジットカードを支払いや引き落としなどにも使用せず、ほとんど使用することがないという人の場合はゴールドカードを持つ必要性がないと言えるでしょう。

逆にクレジットカードでの支払いなどが多く、高額商品を購入したり毎月たくさんの額をクレジットカードで利用したりしているという人は、ゴールドカードにすることでお得に感じることがあります。

ゴールドカードの特典のひとつに、クラシックカードと比べてポイントやマイルがたまりやすいというものがあります。

利用する商業施設や航空会社にもよりますが、クラシックカードよりも2倍から4倍程度ポイントやマイルがたまるカードもあるので、利用状況によっては年会費以上のお得感を感じられます。

利用頻度が多い人に嬉しいのは、カードの利用限度額が大幅に増えるということもあります。

クラシックカードでは多くても50万円程度ですが、ゴールドカードでは100万円以上の利用限度額が設定できる場合があり、たくさん利用したい人には便利なカードになるということですね。

また日本国内ではゴールドカードを持っていることに対してのステータス感があまり感じられませんが、海外ではゴールドカードのステータスはまだまだ高いのが一般的です。

ホテルやレンタカーショップなど一部の店舗はカードでの支払いを義務づけているところもあり、こうした支払いの時にゴールドカードを使用することでスタッフの対応がガラリと変わることもあるようです。

多くのゴールドカードに付帯している特典として、手厚い国内海外旅行傷害保険や空港ラウンジの無料利用などがあるので、旅行や出張など国内外での移動が多い人には嬉しい特典が多いのも特徴です。