富豪っぽい人が紹介するゴールドカード

富豪みたいな風貌の私がゴールドカードについて語ろうと思う

ゴールドカードはクレジットカードの一種のことで、一般的なクレジットカードよりも利用限度額が高かったり、特別な待遇を受けたりできるワンランク上のサービスが受けられるクレジットカードのことです。

ゴールドカードのもっともよく知られるサービスのひとつが、利用限度額の高さです。

一般のクレジットカードなら30万円から高くても50万円程度が利用限度額の最高額となっていますが、ゴールドカードだと最低でも80万円、ランクや利用状況によっては数百万円までの利用限度額が設定され、一般クレジットカードと比べて余裕を持った利用ができるようになっています。

また一般クレジットカードでは別に申し込みをしなければ利用できない、国内外の旅行保険が最初から付帯していたり、各空港にある有料ラウンジを無料で利用できたり、提携先の店舗や施設でさまざまなサービスを受けられたりと、一般カードにはない多くのサービスを受けられるのも大きな特徴です。

多くの優待サービスを受けることができるゴールドカードですが、年会費を払えば誰でも持てるクレジットカードというわけではありません。

一般のクレジットカードでも発行するときにはある程度審査を受けることになりますが、ゴールドカードは一般クレジットカードよりも年収や勤続年数、年齢といった審査が厳しく、その厳しい審査を通った人でなければ持つことができないカードです。

このあたりのことが参考になるのはゴールドカード比較・申込みガイド。
このサイトはゴールドカードだけを専門的にピックアップして紹介しているサイトで、審査基準や年会費、付帯するサービス(空港のラウンジや国内外旅行保険の補償額など)を詳細に解説しています → http://www.konekoneko.net/

ゴールドカードを持っている人は、クレジットカード会社が「この人にならゴールドカードを発行しても大丈夫」と判断された人ということになりますから、ゴールドカードを持っている人はそれに値する信用がある人ということになります。

特に海外ではゴールドカードの信用性が高いため、海外に行くことが多いという人であればぜひ手にしておきたいクレジットカードと言えるでしょう。

ただし一般クレジットカードの年会費は数千円程度ですが、ゴールドカードの年会費は一般カードよりも高く、1万円から3万円程度となっています。

どんな人が入会するかを教えてあげよう

ゴールドカードに限らず、クレジットカードを作るためには審査基準をクリアする必要があり、それぞれカードのランクやクレジット会社によって基準は異なります。

クレジットカードやゴールドカードが発行されるかどうかの審査基準になるのは、年齢、勤続年数による安定収入、これまでのクレジットカードの利用状況です。

ゴールドカードが取得できる年齢の目安といえばかつては30歳以上でしたが、近年ではゴールドカードの審査基準が緩和されてきたこともあり、30歳以下でもゴールドカードが取得できたり、30歳未満を対象としたヤングゴールドカードが発行されていたりします。

ゴールドカードが発行される年収の目安となるのは、一般的に年収300万円程度からとされていますが、年収は申し込み時による記載であくまでも自己申告です。

クレジット会社は申込者の年齢や勤務先の規模、勤続年数などからある程度年収を推定することができます。

そのため申告された年収そのものよりも、安定した収入があるかどうかが重要視され、ある程度の安定した収入があり勤続年数が長い人であればゴールドカードの審査をパスできる可能性が高いということになります。

また信用度の高い大手企業に入社したり、新卒公務員となったりした新社会人であれば、年会費の安いゴールドカードや若年層向けのヤングゴールドカードなら、勤続1年未満であっても審査に通る可能性は高くなります。

安定収入と共に重要視されているのがクレジットカードの利用履歴です。

クレジットカードの申し込みがあると、現在の利用残高や返済状況、過去24ヶ月分の入金状況、他クレジットカードへの申し込み状況などが参照されます。

ゴールドカードに申し込んだ時点で債務残高が多かったり、支払いの延滞があったり、過去の入金状況に問題がある場合や、過去6ヶ月以内のクレジットカード申し込みが多いという場合は、ゴールドカードの審査にはマイナスになってしまいます。

十分な年収や年齢、勤続年数があってもゴールドカードの審査にパスできないという人は、他に持っているクレジットカードの利用状況や返済状況を確認してみると良いでしょう。